~どき☆どき ポケカJCS2018にハッサムで凸した話~

JSCお疲れ様でした。
練習の成果が発揮できたでしょうか? メビです。




JSC2018に参加してきました!
使ったデッキはレジスチル・ハッサムです!

当日使った最大瞬間風速タイプ(A振)
画像


直前まで悩んでた安定型(B振)
画像





デッキの動きですが、
ハッサムGXがはがねのつばさ等で硬くなりゲーム進行を遅くして、
かつ、こちらはフラダリ、キャッチャー等でベンチの小物を狩りながら
サイドレースをじわじわ勧めていくゲーム展開を理想とします。

以下、採用カードと解説です。

・ハッサムGX
 本デッキのエース。青天井デッキと炎以外なら一発KOがまずないので、
 2エネ起動したらかなり安心して戦えます。
 4枚目のハッサムはあるとかなり安定しますが、中盤以降腐りやすいので3にしてます。

・ストライク
 こいつしか選択肢がない。闘抵抗くださーい。

・ダダリン
 はがねのつばさのダメージが80から90~110になります。
 HP210の1進化GXの確数を簡単に減らしてくれます。
 後述のレジスチルとの相性もあって、超優秀。
 4枚ほしいけどスペースの都合で3。

・レジスチル
 このデッキの負けパターンとして、ストライクをグズマされ続けて、ハッサムが1匹も立たずに負ける。
 というものがあります。
 これを回避するため、ベンチにストライクを2匹出して、2体に1エネずつ貼る
 という作業をするための、エネ加速要員です。

 HP130の大型たねで、1エネ加速が出来て、基本ダメが30のところ、ダダリンで60まで伸びる。 
 前を小突いてプレッシャーをかけながら、ベンチのストライクを育てられるのが超優秀。

・ヤレユータン
 さいはいでデッキの安定度を上げます。
 グッズ依存度が高いのでさいはいチャンスが結構回ってきます。
 まれにサイキネ120Dとかいいます。

・ポケモンキャッチャー
 からのきけんしょくはがねのつばさダダリンで、テテフが狩れたり
 ダダリン*3はがねのつばさで、シェイミが狩れたり
 主にベンチのEX・GXを想定外のタイミングで狙ってサイドレースをぐっと有利にするカードです

・あなぬけのひも
 入れ替え的にもキャッチャー的にも使える優秀カード。
 1枚なら本当に腐らない。

・かるいし
 ポケモンを絞った関係で逃げ0がいないので、あなぬけのひもと1:1採用。

・鋼鉄のフライパン
 鋼ポケモンの炎弱点を消し、被ダメー30の優秀道具。
 1ゲームで2枚しか有効に働かないので、2枚にしてみました。
 (が、結論としては3枚目がやっぱり欲しかった><)

・ちからのハチマキ
 ダダリンで補いきれないバンプをこいつでフォローします。
 1枚チラつかせることで、あと20D伸びる可能性を相手に考えさせて、プレイを制限させる
 ことを狙ったのですが、
 そんなことより3枚目のフライパンでした。

・レスキュータンカ
 4枚目のハッサムと、4枚目のダダリンになります。

・ポケナビ
 デッキの潤滑油。
 ポケモンとエネを引ける可能性があり、山操作も出来ます。
 ヤレユータンさいはいとのプチコンボも意外と強力です。

・プラターヌ4、N4
 ここは個人のプレイングに依存します。
 メビさんが動きやすい配分です。

・ククイ博士
 確数をずらしてGXからサイドを引けますので、実質4枚ドローの強カード。

・フラダリ、グズマ
 逃げ0がいないので、フラダリが候補に入ります。

・アセロラ
 耐久デッキのキーカードです。

・パラレルシティ2
 ゾロアーク系のデッキに強いほか、パラレル1のデッキに対してかなりの確率で先出できるので
 プレッシャー入れられます。

・エネ(基本7、シールド2、二個玉2)
 かなり配分は悩みました。
 ハッサムの仮想的なHPが210,240,270と30の倍数ですが、
 これをさらに10上げて確数をずらしてくれるシールドエネルギーは非常に優秀。
 シールド3にしたいところですが、ストライクにはシールドエネが貼れないので、初手で腐りますので2にしました。

 基本エネもレジスチルで回収+LOデッキを見て、少し多めにしてあります。

 二個玉は、ふりおろすへのアクセス速度と、逃げエネとして使うことがほとんどです。

 こいつで高速移動しているときはたいてい負け試合




採用しなかったカードと、見送り理由です。

・カプ・テテフGX
 ワンダータッチは非常に強力ですが、
 なんかグッズ回し+ヤレユータンでかなり安定したので、別にいらないかーってなりました。

 ルガゾロとのマッチアップで、ベンチにGXがいないことも有利に働きます。

・ドータクン
 こいつを採用すると、ほかの優秀なたね鋼GXがわんさか入り、
 ハッサムが押し出され、ハッサムデッキではなくなってしまうので、
 アイデンティティー確保のために不採用となりました(真顔

・はがねのだんがん・ラスティネイル
 ほぼ確実に前を小突けるレジスチルのほうが優秀でした。

・センパイとコウハイ
 コンプがないのでアクセスできませんでした><

・オカルトマニア
 一番決めたいウルネクが、最近はビーストリングやらルナアーラ◇で止まらなくなってしまったのと、
 オカマ打ったら、危険色も鋼使いも働かなくなって相手倒せないプレミスが頻発してしまい
 自爆防止のため抜きました。
 いや、何度練習しても直らんかったんですよ。。。年かな。




Q. そもそもなぜハッサムをチョイスしたのか。

A. ハッサムのことがスキダカラー
  勝ち上がるには賭けをするしかないと踏んだから。


今シーズンは(も)練習量が足りてないので、メタ読みつつ当日のマッチアップの偏りに頼りたいと考えました。

メタ読みは以下のとおり。
多:ルガゾロ
多:マッシルガン
中:ウルネク
中:オーロット
中:行進
少:ゾロダスト
少:ニンフィアLO
少:レックGX



また、ウルネクは京都大会でとーしんさんが優勝したので当然メタられて
あおりを食ってレックも負けるから・・・なんてことを考えて、
上位にどれだけ残るかを予想したときは、
多:ルガゾロ
多:マッシルガン
中:行進
少:オーロット
微:ウルネク
微:ゾロダスト
微:ニンフィアLO
微:レックGX

こういう感じになりました。

今回チョイスしたレジスチルハッサムは、上位4つのデッキに対して有利に動けると考えています。

つまり、こーゆープラン。
序盤にルガゾロかマッシルガンあたりを2連続で踏めば、
以降は勝ち上がってくるデッキがルガゾロ、マッシルガンばっかりだから
勝ちあがれるかも!



以下、各デッキとのマッチアップ。

・VSルガゾロ
 お互い2ターン目起動なので、単純に先行とったほうが殴れますので、ここは5:5
 ベンチを3体に絞るプレイングをすればほぼ確定でワンパンKOを防げます。
 かつ、危険色も働くので、2:3交換程度が見込めます。
 テテフやシェイミをキャッチャーチャンスできるのも有利に働きます。
 アローラベトベトンだけに気をつければ9割以上有利です。

・VSマッシルガン
 ベンチのハッサムをフライパンで守れるので、実質正面同士の対決に持ち込めます
 やはりベンチを3体程度に絞りたいですが、サイド引きに行くの優先でダダリンは並べます。
 8:2くらいで有利。

・VS行進
 6:4くらいで有利。
 相手のシェイミを狩れれば◎
 HPフルの状態で鋼の翼でも、こだわり行進250D飛んでくることがあるので
 レジスチル+ダダリン*2でバチュルと1:1交換をしつつ
 N連打のプレイで行動制限かけていく動きになります。

・VSオーロット
 7:3くらいで有利。
 ハッサムが起動できればほぼ勝ち。
 危険色発動状態ハッサムとオーロットBREAKの相性の悪さときたら。
 テテフやネクロズマの奇襲も、100D-鋼の翼30D=70Dしか飛ばないので、安心してベンチを絞れます。

・VSニンフィアLO
 8:2くらいで有利。
 バトル場にレジスチルを配置できればほぼ勝ち。
 弱点だし。エネ切れないし。

・ゾロダスト
 5:5くらい。
 正直相手のプレイング依存。ごみなだれより鋼使い封じられるのがつらい。

・ウルネク、レックGX
 0:10でムリ。
 ハッサムの打点はたねGXには通りづらく、(ふりおろせない)
 相手はエネだくにしてワンパンKOを狙ってくる。
 
 とにかく相手がセルフ事故を10ターンくらい起こしてくれることを願うしかない。


こんな感じで、苦手なウルネク、レックGXには目をつぶってしまいましたが、
本番やいかに・・・!!




1回戦:ウルネク

orz


なんかそうなる予感はしてた。


先攻スタート
パラレル、キャッチャー、フラダリで、
相手のイカを3体消して、もしかしてワンちゃんとおもったところで、
ビーストリングとルナアーラ◇でエネだくウルネクが出来上がって負け><


2回戦:行進 0-1

先攻スタート
サポナシ事故。
バトル場オープンしたらカプ・コケコでした。
グソクか、ギャラドスを予想しつつ、バトル場のハッサムに2個玉貼ってエンド。

相手事故気味でN。展開してきたら行進デッキでした。
奇跡的に60Dで踏みとどまってターンが返ってくる。

次のターン、ハッサムで殴れる手札+プラターヌ。
はちまきかククイがあれば高速移動打ってたけど、

フライパン引けることを願いつつ進化エネ貼りプラターヌ・・・

引いたのはちからのハチマキ><

バチュル倒すけど、返しで180D出されてサイド5-4で負け気味。

ここから押して引いての殴り合いで、
レジスチルでサイドレース頑張りましたが、

最後パズルから強い山札作られ、Nで流せず、敗北。。。


後がなくなってしまいました。


3回戦:ゾロアークソルガレオ 0-2

5マリガン与えての後攻スタート。絶望しかない。

相手は、マッシ相手に弱点を消しつつ、ニンフィアにもつよいゾロアークソルガレオ。

あまりハンドが消費されずターンが回ってきたので、Nから動きます。

ソルガレオも打点120D,ゾロアークもパラレルでいい感じに打点そげたので
序盤は死んだと思ったけど、危なげなく勝利。


4回戦:ウルネク 1-2

ほらね、予想通りウルネク沈んでる。(強がり)

3マリガン与えての後攻スタート。

特に見せ場もなく、ルナアーラ◇にエネだくにされ負け。



ここで早くもtop64圏内から外れてしまったのですけど、
せっかく組んだハッサムで完走したいので続けます。


5回戦:グソクゾロアーク 1-3

とても均衡したいい試合をしました。
お互いに、殴ってはアセロラの先にリソース切れるのどっちだ?合戦。

最後は、はがねのつばさ+フライパン状態で、
相手の方がレンジャー打って殴ってくるプレミに助けられ(-60D効果が消えるならハッサム気絶だけど、ワザの効果しか消えないのでー30D)
早々に試合決められたので勝てました。

ブロアーあったら負けてた。。。


6回戦:オンバーンマニューラ 2-3

1ターン面にハンドがだぶついていて、
不安でしたが、エネ3枚をプラターヌで切って展開。

2ターン目でハッサムを完成させ、
キャッチャーから相手の場を壊滅させ、サイド残り2-4の盤面。

万を辞して出てきたオンバーンにグッズロック&エネ破壊。

二個玉引いて、ふりおろしてゲームセットの場面ですが、
・・・引いたのはシールドエネルギー

前のハッサムで鋼の翼で殴ったのが結果的に失敗でした。
ハンマーと下っ端でエネ2枚はがされ、そのまま5ターンエネ引けずハッサム撃沈。。。
(結果論ですが、逃げてレジスチルで殴るが正解か)

オンバーンダストのつもりでプレイしててグッズを切って圧縮しそびれてたのが
直接的な敗因だった気がします。練習不足!


7回戦:ルガゾロカルゴ 2-4

前のめりなプレイされていてエネ枯渇したみたいで、
エネつきのルガルガンを倒した時点で、
サイドが1-3で残っていましたが、
勝ちを頂きました。


8回戦:レジロック・ミュウ・パッチール・テッカグヤ・戒めの祠 3-4

攻撃力の高い非GXたねで殴りつつ戒めの祠で殴るアーキテクチャが
めちゃかっこいい!

試合は、
相手:エネしか引かない事故
自分:エネを一向に引かない事故

本来ならゆうりに立ち回れるはずなんですが

レジロックのアームハンマーが160Dとか分けわかんないダメージ出しながら山を削ってきてとほほ。


山の3分の2とサーチャー3枚とサイド2枚を失った時点で、ようやく攻撃開始。
アセロラをかなり我慢しつつ、途中のムーンレイカーに度肝を抜かれるも、
サイド1-1までこぎつけたところで、

ベンチのダダリンを縛られ、
パッチールにぺちぺち殴られる。


ぼくは執行猶予2ターンのうちに、山札残り3枚に眠るグズマを引ければ勝ちなのですが
こういう流れのときって引けませんよねー。

すばらしいデッキだったのでもっとちゃんと対戦したかったなー残念。



9回戦:レックガノン 3-5

クワガノン型なので、ガノンが立つ前に息の根を止められればワンちゃんとか思いつつも

先2でクワガノン光臨。

3ターン目にはフンドシ巻いての280D。

むーりーむりむりー!


10回戦:サーナイトゾロアーク 3-6

鋼弱点のサーナイトと、打点の通らないゾロアークに
ハッサムは相性抜群でした!
勝ち!





こうして終えてみると、
ゾロアーク系にだけ勝ってますね。
ほか全敗というふがいなさですが。

4勝6敗590位でした! なんと過半数にも残れていない。。。

負けた試合のうち、こうしん、オンバーン、レジロックは
こちらのデッキ構築がつめきれてなかったり、練習不足でプレイングが雑だったりしたので
もっと上が狙えたんじゃないかなーと思うと、デッキに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


(最終週、ラグラジラーチの可能性を探ってこればっか練習してました。敗因これじゃね??)


対戦していただいた方、いっしょに練習してくださった浜松の皆様、ありがとうございました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック