~どき☆どき 命を大切にしないヤツなんて大っ嫌イだ!~

・・・ってなタイトルで、今更ゲド戦記見てきました。(おととい)
平日の映画館なんて、ガラ空きじゃーw



Wikipedhia辺りで、ゲド戦記の原作情報ちょっと見てきましたが、
この映画は原作知らないほうがイイね

原作と映画の内容(設定)がちょっと違うっポイです。

映画:ゲド戦記 は、
あくまで映画内の場面だけで見たほうが、
作品(映画)内で振れなかった原作(小説)の設定の描写に、勝手な想像を描いたりして楽しめます☆
(自分の場合、そうやって映画 → 原作 だったので、映画は存分に楽しめました)

映画だけ見れば、完結した一つの物語として完成している。全てのシーンに意味がある~

そういった点を狙ってたのだとしたら、
吾郎さんの初監督っぷりは素晴らしいですw 

ル=グウィン(原作者さん)が試写会で
「こりゃ、俺の作品じゃなかばってん、よかもんたいー。」ってコメント出したのも、ウンウン頷けますね♪


自分の周りではあまり好評価な意見を聞かなかったので、そこまで期待してなかったんですが、そういうわけで、ジブリクオリティ、吾郎さんパワーをバッチリ見させてもらったぜ・・・! みたいな作品でしたw



監督が駿さんじゃない。だから、いつものジブリとは違いました。作品全体の雰囲気が・・・ですね。
吾郎さんの今回の作品は、若さのエネルギーがありましたね。テーマやらメッセージやら、技術やら。変な事件ばっかり起こってる今の日本に伝えたいメッセージがまさにこの作品だったです。(狙ったかどうかは知らないけど) 命を大切にしないヤツなんてだいっキライだ!

駿監督作品の中にあったものをいくつか失ったのだけれど、駿さんジブリも、吾郎さんジブリも両者の味があってどっちも良かですばいー


・・・で、コレ(↓)がなかったら、まともなゲド戦記レビュー記事だったのに。 ||| orz

テルーさん8歳ネタが不意に頭をよぎって・・・実際はこんなキャラじゃないッス。

ゲド戦記ネタ漫画:てるーさん


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック